本文へジャンプ

基本理念

品質の高い給食管理を目指して

  • 患者さんが満足できる、安全な美味しい食事提供に努めます。
  • 患者さん個々の病態にあった食事の提供を行います。
  • 知識、技術習得のために努力します。

  

業務内容

給食管理

献立作成、発注、検収、患者管理などの業務を行っています。

栄養指導

外来、入院患者さんに対して特別食を必要とされている方を対象に行っております。ご希望の方は主治医にご相談して頂きたいと思います。

緩和ケア病棟活動の参加

月に1回、病棟で行われている行事に手作りおやつの提供をさせて頂いております。

又、月に2度の合同カンファレンスの参加もしています。

食事提供をしている患者さんには、必ず栄養士がベットサイドに伺い、嗜好に沿った食事の提供や補食等のご提案を行っております。


行事食

行事食1
4月 川部ロール
行事食2
9月 お月見
褥瘡回診の参加

毎週1回褥瘡回診に参加し、栄養介入の必要な方は、NSTと合同で補食等の提案を行い、早期治癒に勤めております。

栄養管理

医師の管理のもと、栄養管理、栄養指導、栄養相談を行っています。

入院時や入院中に栄養状態の評価を行い、栄養管理計画書の作成、病棟スタッフとその患者さんに係わる医療従事者と連携を図り、患者さんの退院後の療養生活を見据えた栄養管理を行っています。そして、必要に応じてNSTの介入を行い栄養状態の改善を図ります。

NST

NSTとは、Nutrition Support Teamの略語であり、栄養サポートチームと訳されます。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士など様々な職種がそれぞれの専門知識を持ち寄り、患者さんの栄養管理を行うチーム医療の一つです。


回診風景

当院は、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、管理栄養士で構成されています。

NST活動は、病棟回診を行い(週1回)、患者さんにとって必要な栄養量、適切な栄養補給方法、食事提供内容の検討を行い提案致します。

また、褥瘡の改善・治癒を図るためには『栄養』も大切であるため、褥瘡対策チームと連携を図り、病棟回診を行うこともあります。

NST勉強会風景

そして、患者さんの栄養状態の評価や、栄養療法に興味を持ってもらえるよう、患者さんに係わるすべてのスタッフ(特に新人スタッフ)を対象とした院内勉強会を開催し、栄養療法に関しての最新の情報提供を行っております。

診療科・医療技術部

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ