本文へジャンプ

特色

当科は平成11年病院が現在の地に移転した当初から、県下初のホスピス病棟として活動を行っております。

進行終末期の悪性腫瘍(がん)の患者さんとそのご家族の可能な限りのQOL(生活の質・生命の質)の向上維持を目的に、緩和ケアの知識・技術、おもてなしの心、また、その人らしさを大切にした生活の支援などをキーワードとした活動を展開しています。そして、人生の旅立ちにあたっても穏やかに過ごし切り、ご自分の生を意味のあるものとしてすこしでも満足したお気持ちになられますよう寄り添いの看護を実践しています。

また、ボランティアも開設時より活動しており、四季折々の風を運んで下さり好評です。


緩和ケアとは

御病気の治療の開始とともに提供されるべきものという考え方が現在は主流になっています。

したがって、当科でも病気の進行具合にかかわらず、全人的な苦悩を抱える患者さんとそのご家族のケアに当たる使命があると考えています。

しかし、現実的には、それぞれの医療機関で対応していただかざるを得ないのが現状です。このため、がん診療連携拠点病院や、地域基幹病院、また地元の診療所のスタッフの方々との連携が非常に重要になっています。今後、岐阜地域の市民の方が安心して暮らせるような地域のネットワークの構築に当科も参画したいと考えています。

このホームページをご覧の方で、受診を御希望される方、相談を御希望の方は、お気軽にお電話下さい。

また、このサイト内にさらに詳しい説明のページがございます。ぜひご参照ください。

ページのトップへ戻る

医師紹介

医師名・役職

主な経歴

専門医・認定医

清水  勝
顧  問

岐阜大学
(1964年卒)
(前岐阜県立医科大学)

岐阜大学大学院医学研究科
(1970年修了)

日本内科学会 認定医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
救急医療専門医
ICD
緩和ケア研修会 修了

山村  均
(非常勤)

名古屋市立大学
(1966年卒)

精神保健指定
日本精神神経学会 専門医
日本臨床神経生理学会 認定医
緩和ケア研修会 修了

矢野  高
(非常勤)

岐阜大学
(1980年卒)
岐阜大学大学院医学研究科
(1984年修了)

日本脳神経外科学会 専門医
日本緩和医療学会 暫定指導医
緩和ケア研修会 修了

診療科・医療技術部

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ