本文へジャンプ

病院憲章・・・・・・5つの誓い

  1. 私たちは、生命の尊重と人間愛に基づき行動します。
  2. 私たちは、患者さん中心の医療を目指し、患者さん並びにそのご家族の満足を得られるように努めます。
  3. 私たちは、医療水準の向上を目指し、その知識並びに技術習得のために努力します。
  4. 私たちは、地域の人々の健康と福祉増進のために努力し、地域医療に貢献します。
  5. 私たちは、互いに力を合わせ、よりよい集団づくりに努力します。

病院基本方針

  1. 地域の一次救急および二次救急医療機関として24時間、年中無休の診療体制をとり、急性期病院としての役割を担う。
  2. 岐阜・西濃圏域の回復期リハビリテーションを担う。
  3. 岐阜県のホスピス・緩和ケアの更なる充実に寄与し、地域連携の中での役割を積極的に担う。
  4. 地域包括ケア病床、療養病床により在宅への移行を目指した慢性期医療を担う。
  5. 慢性腎不全に対する維持透析および急性期血液浄化療法の充実をはかる。
  6. 地域の医療施設との連携、介護施設への医療支援、デイケア、訪問看護、訪問リハビリテーション等により地域および在宅での医療、介護の充実に貢献する。

患者さんの権利と責務

権利

  1. どのような病気であっても、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 患者さんの人格、価値観が大切にされ、医療提供者と協力しつつ医療を受ける権利があります。
  3. 病気、検査、治療、見通しなどについてわかりやすく、納得できるまで説明と情報を受ける権利があります。
  4. 説明と情報提供をもとに、治療方法などを自分で選ぶ権利があります。
    そのため主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を得る権利もあります。
    希望される方には病院も協力します。
  5. 自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  6. 診療の過程で明らかになった個人情報の秘密が守られ、院内でのプライバシーに十分な配慮を受ける権利があります。
  7. 研究途上にある医療、医療従事者の研修や教育を目的とした医療に関して、その目的、危険性などについて十分な情報提供を受け、それを受けるかどうかを決める権利があります。
    また、不利益を受けることなくいつでもその医療を拒否する権利があります。
  8. 意識がないか判断能力を欠く場合や未成年の場合、代諾者に決定を委ねる権利があります。

責務

  1. 良質な医療が受けられるよう、医師・看護師などの医療提供者に対し、自分の健康に関する情報を正確に伝える責務があります。
  2. 医療に関する説明を受けてもよく理解できなかったことは、十分理解できるまで質問する責務があります。
  3. 自分と同じように他の患者さんが適切な医療を受けられるよう、医師・看護師をはじめとする病院職員の医療の提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。

岐阜中央病院倫理審査委員会

岐阜中央病院倫理審査委員会規程と倫理要綱を下記のように定めました。


岐阜中央病院倫理審査委員会規程(PDFファイル)
岐阜中央病院倫理要綱(PDFファイル)

病院案内

メニュー

医療法人社団 誠広会
岐阜中央病院
〒501-1198
岐阜県岐阜市川部3丁目25番地
TEL:058-239-8111(代)

ページの一番上へ